イメージ画像

大手でも労働条件に不満がある

私は前職でメーカーの営業職をしていました。中堅メーカーでしたが、大手の子会社のため福利厚生はしっかりしている方だったと思います。日本全国様々な場所への出張が年中あり、いつも飛行機や新幹線でどこかしらへ行っていました。

私はその際に支給される、出張手当に不満を感じていました。まず遠方への出張となると一泊もしくは二泊以上で行くことになります。そして毎回の食事はもちろん外食になるのですが、その外食費を出張費で賄うことができず何度も赤字になりました。一度や二度ならば大した負担にもならないのですが、度重なる出張でうんざりしてしまいました。結局平社員で不満を訴えられるような立場でなかったこともあり、不満を心の中にしまったままにしてその会社を退職しました。

その他の不満としては、やはり有給休暇の取りづらさがありました。上司も先輩も有給休暇を消化しないような環境で、自分だけが休みますと言うのにはやはり勇気が要りました。結局、本当に必要な時にだけ理由を言ってお休みを頂いたのですが、それでも所有していた日数を消化することはありませんでしたし、退職をする際にも有休消化ができるような状況ではありませんでした。また、お客様が第一という姿勢で仕事をしていると、休もうと思った日に「どうしてもこの日に商談を入れたい」と言われるとやはり断ることはできません。周りに友人で、有給休暇を使用して美容院やエステに行っているのを見ると、私もこういう有給休暇の使い方をしたいと思ったことが何度もあります。

このページの先頭へ