イメージ画像

雇用契約書が無い、私は本当に雇用されてるの?

これは、実際に私が体験した、正社員として働いていて不満に思った事です。私は、以前、ビルメンテナンス及びクリーニングの会社に勤務をしていた事があります。その会社に応募をしたきっかけですが、高収入が得られるというフレーズに惹かれたから、です。

当時、その会社の求人を出している媒体等では「正社員として活躍できて、高収入が得られてしかも賞与も出ます」という文言に対して、私は正社員として仕事をすると決意をしました。その会社に入る前の私は派遣社員であり、不安定な雇用に対して不満を持っていました。

面接を受けた際、即採用という事になりました。その会社では、人手不足の悩みを抱えていたからであり、私が応募をした事について会社側は歓迎をしてくれました。そして、いざ、就業をするようになると、「もうそろそろ、私はこの会社を辞めます」という話をしている女性社員の人の話を聞きました。

その女性社員の人は、応募時に賞与を支給しますという求人広告を見て入社をしたものの、雇用契約書には「賞与はありません」という食い違いに、相当な嫌気を感じたというのです。この事を、女性社員の人に聞いたところ、「貴方も、考えた方が良いです」と真顔で言われました。

雇用契約書ですが、私の場合は入社をしても会社側からは出ませんでした。これについて、私は会社に対して不信感を募らせました。人手不足の理由ですが、賞与を支給すると求人広告に記載されてあったものの、雇用契約書を出さなかったりしているのでその事に嫌気を感じて、早期離職をする人が後を絶たないから、といえそうです。私自身、相当な危機感を感じました。

因みに、その会社ですが、私が入社してから半年経過して事業廃止となりました。私は、その会社に約半年間勤務していましたが、会社から「解雇します」と言われました。ただ、社員寮には1ヶ月間は居る事は許されました。

このページの先頭へ