イメージ画像

社員の働きで身内だけが大儲け

私は建設業界の仕事に携わっています。良く県外への出張が多く朝3時に会社を出発したり帰社は23時を回ったりとハードな仕事です。数年前まではそれに対しての手当てがついていましたが、今現在は半分まで下げられてしまいました。売上げが下がったからと伝えられましたが、そんなことはありません。むしろ売上は伸びています。数千万もする機会を数台買ったり、使わない社用車も新車で数台購入したりと、しまいには意味もなく会社を移動させるのにお金を使ったりと意味がわかりません。会社自体は社長の身内で形成されており一族の家や車といったものは日に日に新しくなっていきます。

従業員は就業規則も無く、手当も出ないなか働いています。その他、休日出勤の手当てに関しては明細もなく年間を通しまとめて支払われることでごまかされて支払われます。その旨を経理担当に伝えると顔色を変え代休消化にさせられます。しかし、代休ももらえません。経理担当は社長の妹が担当しており、お金のことを話すと給料に響いてきます。何人もの従業員が犠牲となっています。

しかも、経理担当は日中は会社にほとんどいなく、夕方になると私用の要件を行っています。従業員である事務員も経理担当の私用の要件が住み事務所に戻るまでは帰宅できないといったのが現実です。似合った手当がつくのであれば愚痴もでないのですが身内ばかり大きくなり、従業員への感謝がありません。身内を大きくすることは悪いとは思いませんがせめて労働時間に似合った給料を給付してもらいたいです。

このページの先頭へ